SEO対策

ページタイトルの見直しをするだけでSEO対策になる?

キーボード

SEO対策と聞くと、ひと昔前までは小手先のテクニックを駆使したり、人造の被リンクを大量に作成することが手法と言えました。今ではアルゴリズムのアップデートによって淘汰され、ユーザーに有益なコンテンツを配信することなどが求められています。そんなSEO対策で、自身が配信するコンテンツのタイトルを見直すことも重要です。
そもそもタイトルとは記事やコンテンツを端的に表したもので、読者やユーザーにとって非常に重要な判断材料となります。多くのユーザーはタイトルを見て興味を引くかを判断します。つまりこのタイトルがどれだけ重要なのかが良く分かりますよね。さらにこのタイトルに題材となるキーワードを入れるだけでSEO対策上効果があり順位が上がることもあるのです。またタイトルは長すぎではいけません。大手IT企業で表示されるタイトルの長さは30文字前後ですから、簡潔に記述することが重要となります。
その際はスマートフォンでの表示が20文字前後という点も意識し、キーワードを前方に持っていくようにしましょう。またその際は出来る限り一つの文章として記述した方が見栄えがいいとも言われています。あからさまにキーワードを入れたような「〇〇は?△△は?××は?」といったタイトルをたまに見かけますが、やはりこういったタイトルの付け方はユーザーから魅力的と思われない可能性が出るので注意しましょう。